水戸芸術館 ART TOWER MITO 未来サポートプロジェクト Vol.8
音楽劇 夜のピクニック みんなと歩く それだけで どうしてこんなに特別なんだろう!
2016年9月17日(土)〜25日(日)水戸芸術館ACM劇場
原作/恩田陸「夜のピクニック」(新潮文庫刊) 演出/深作健太 脚本/高橋知伽江 作曲・音楽監修/扇谷研人

新着情報

2016/08/19
追加公演決定!【追加公演日時】9月18日(日)18時30分開演 好評発売中!
コース周辺案内MAPGalleryを更新しました。
2016/08/07
インタビュー動画をアップしました。
2016/07/08
原作のページローカルキャスト公演サポータースタッフ公演情報を更新しました。
2016/06/30
スケジュールを更新しました。
2016/05/25
ローカルキャスト募集中!【6/5(日)18時締切】
>> 詳細はこちらをクリック!
2016/05/25
6/4(土)より一般発売開始です!
2016/05/25
特設サイトをオープンしました!

About

音楽劇「夜のピクニック」あらすじ

水戸一高では毎年、一昼夜かけて全校生徒が約70キロを歩く「歩く会」が行われている。
3年生の甲田貴子はこのイベントの間にあることを決行しようとしていた。一方、クラスメイトの西脇 融は、ある事情から一日も早く卒業したいと願いながら黙々と歩いていた。
長い行列となって歩く生徒たちの間には恋の噂やお化けの目撃情報といった様々な話題が駆け巡る。やがて日が暮れた頃、一年前にアメリカに引っ越した貴子の親友・榊杏奈が貴子と融のために かけた「おまじない」が動き出す。
貴子の決意の行方は? 杏奈の「おまじない」の結末とは?

[コース周辺案内MAP]

今回の公演では、原作のモデルとなった水戸周辺の地名が実名で登場します。
高校生たちが歩くコース付近のスポットをご紹介します。ぜひ、水戸周辺の観光もお楽しみください!

コース周辺案内MAP 水戸芸術館 偕楽園 千波湖 大洗マリンタワー めんたいパーク アクアワールド・大洗 国営ひたち海浜公園

未来サポートプロジェクトVol.8

ACM劇場が茨城県に縁のあるアーティストをご紹介する「未来サポートプロジェクト」の第8弾は、恩田陸氏による青春文学の名作『夜のピクニック』の初舞台化作品です。水戸の高校で行われている行事が題材となった同名の原作は2004年に第2回本屋大賞を受賞、2006年には映画化され話題となりました。高校生たちが過ごす特別な一日の物語を、オーディションで選出された個性ゆたかな出演者とピアノやパーカッションの生演奏とともに音楽劇としてお届けします。

【過去の未来サポートプロジェクト作品】 vol.1 / vol.2 / vol.3 / vol.4 / vol.5 / vol.6 / vol.7

原作

恩田おんだ りく[原作]

1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。著書に、『三月は深き紅の淵を』『光の帝国 常野物語』『ネバーランド』『木曜組曲』『隅の風景』『夜の底は柔らかな幻』などがある。

SNS

Twitter

Cast茨城県ゆかりの出演者茨城県ゆかりの出演者

  • 吉川 友(きっかわ・ゆう) /榊 杏奈(さかき・あんな)役

    吉川きっかわ ゆう / さかき 杏奈あんな 

    1992年5月1日生まれ、茨城県出身。
    モーニング娘。のオーディションをきっかけに、2007年から2010年までハロープロジェクト!の研 修 生 ハロプロエッグとして活 動。2011年 05月「きっかけはYO U!」でユニバーサルJからソロデ ビュー。現在までシングル10枚、アルバム5枚をリリースしており、抜群の歌唱力とユーモア溢れ る巧みなトークには定評がある。海外活動にも精力的でこれまでにフランス・ベルギー・アメリ カ・ブラジル・ペルー・台湾等に活動の場を拡げ 羽ばたいている。深 作 健 太 演出作品への出演 は、「カワイクなくちゃいけないリユウ」(2012年6月、2015年1月~2月)ほか3度目となる。

    オフィシャルサイトオフィシャルブログTwitterinstagram

  • 加藤良輔(かとう・りょうすけ)/西脇 融(にしわき・とおる)役

    加藤かとう良輔りょうすけ / 西脇にしわき とおる 

    茨城県出身。2004年ミュージカル「テニスの王子様」でデビュー。
    以降、確かな演技力と個性的な役づくりが評価され、多数の舞台に出演。歌やダンスを含めた舞台上でのパフォーマンス力も高く、ミュージカル「ちっちゃな英雄」、舞台「SLAZY」シリーズに立ち上げより出演。
    近年、映画やドラマへと活躍の場を広げている一方で、アーティストとしてライブ活動も精力的に行う。

    所属事務所プロフィールオフィシャルブログTwitter

  • 小林日奈子(こばやし・ひなこ)/甲田貴子(こうだ・たかこ)役

    小林こばやし日奈子ひなこ / 甲田こうだ貴子たかこ 

    幼少の頃から音楽に魅了され、日本女子大学在学中からライヴやニコ生配信でのオーディション番組等、シンガーとして活動し着実に実力をつけていく。
    卒業後、2014年には東宝ミュージカル『ヴェローナの二紳士』に出演。2015年『何処へ行く』、2016年『トラブルショー』に出演するなどミュージカルの世界へも進出。今後は映像も含めミュージカル、舞台を中心に活動していく予定。
    「高校生活を思い出し、青春時代を『貴子』として表現してみたいと思っています。
    素敵なメロディーにのせた『夜のピクニック』をお楽しみください。」

    所属事務所オフィシャルブログTwitter

  • 内藤大希(ないとう・たいき)/戸田 忍(とだ・しのぶ)役

    内藤ないとう大希たいき / 戸田とだ しのぶ 

    1988年生まれ、神奈川県出身。
    11歳の頃、アルゴミュージカル『フラワーメズーラの秘密』(1999年)ハンニ役でデビュー。
    『テニスの王子様』(2008年)、『冒険者たち』主演(2009年、2010年)、『わが町』(2011年、宮田慶子 演出)、『サロメ』(2012年、宮本亜門演出)、『PASSION』(2015年、宮田慶子演出)など、歌唱力を活かしミュージカルを中心に出演作多数。
    2015年よりBS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」にて歌のお兄さんを担当し、活動の幅を広げている。

  • 剣 幸(つるぎ・みゆき)【特別出演】/甲田聡子(こうだ・さとこ)役 

    つるぎみゆき [特別出演] / 甲田こうだ聡子さとこ 

    富山県出身。1974年宝塚歌 劇団入団。「虞美人」で初舞台。1985年から5年間、月組の男役トップスターとして数々の名作を残す。なかでも「ミー&マイガール」は1年間の続演という宝塚史上初の記録を樹立した。在団中にいずみたく氏にその歌唱力を認められ3枚のアルバムをリリースしている。1990年に退団後はミュージカルのみならず、ストレートプレイ、コンサート、映像と幅広く活動を展開する。2011年にはディズニー映画「塔の上のラプンツェル」マダム・ゴーテル役吹替で歌唱力を高く評価された。2014年、ライフワークとして上演し続けている「kohibumi concert」(恋文コンサート)をモチーフとしたコンセプトアルバム「kohibumi」をリリース。
    また、2015年4月より「NHK短歌」の司会を務めている。

    オフィシャルサイト

  • 浅野望(あさの・のぞみ)

    浅野あさの のぞみ

    1992年生まれ。
    さいたまネクスト・シアター所属。
    大阪芸術大学ミュージカルコース卒業。
    舞台「リチャード二世」「ジュリアス・シーザー」「わたしを離さないで」「鴉よ、俺たちは弾丸をこめる」「カリギュラ」「オイディプス王」出演。
    映画「幕が上がる」出演。

  • 内田陽子(うちだ・ようこ)

    内田うちだ陽子ようこ

    1990年生まれ、茨城県那珂市出身。
    武蔵野音楽大学声楽学科卒業。同大学院修了。これまで、水戸子供演劇アカデミー卒業公演「あのころ森で戦争があった」フォスター役、安部公房「プルートのわな」より合唱劇「鼠たちの伝説」、BS-TBS「日本名曲アルバム」、茨城演奏家連盟第17回定期演奏会、茨城総合福祉会館県民サロンコンサート、別世界カンパニープロデュース#8舞台「青い鳥」(ポーリーヌ、第二の子供、第三の子供、幽霊役等)で出演。

    ブログTwitter

  • 大内慶子(おおうち・けいこ)

    大内おおうち慶子けいこ

    1989年生まれ、兵庫県出身。
    宝塚北高校演劇学科、大阪教育大学芸術専攻音楽コース卒業。2012年『ハロー・ドーリー!』でアーメンガード役に抜擢され、以後、本格的に活動を開始。ミュージカルのみならずストレートプレイへも活動の幅を広げる。主な出演作品:『ホンク!』『ピーターパン』『ショウ・ボート』『朱と煤aka to kuro』『美女音楽劇 人魚姫』『星の王子さま』『カウラの班長会議』『明星~与謝野鉄幹・晶子の道行き』『沖縄の火種』等。

    所属事務所ブログ

  • 川﨑優太(かわさき・ゆうた)

    川﨑かわさき優太ゆうた

    1990年生まれ、茨城県出身。
    特技は野球。リトルリーグ時代にキャプテンを務めた経験を活かした明るさと粘り強さが持ち味。
    これまで映画、テレビドラマ、舞台に幅広く出演。主な出演舞台に『新撰組伝~希章』(2014年)、『戯曲now』(2016年)など。
    今夏には主演を務めたKFC(かみすがフィルムクリエイト)製作の映画『かんとりーどーろ』が公開予定。

    所属事務所プロフィールブログTwitter

  • 菊地侑紀(きくち・ゆうき)

    菊地きくち侑紀ゆうき

    1995年生まれ、茨城県行方市出身。
    多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科在学中。幼い頃、クラシックバレエを学ぶ。その時に先生から演劇を勧められ、第23回国民文化祭・いばらき2008<演劇祭>作品「森は生きている」で初舞台を経験。そこから演劇にのめり込む。
    様々な役を演じ分ける器用さと元気で明るい性格を活かしたものまねが特技。
    今作が本格的な舞台デビュー作となる。

  • 鈴木麻美(すずき・あさみ)[スー・アサミ]

    鈴木すずき麻美あさみ [スー・アサミ]

    1990年生まれ、栃木県野木町出身。俳優。時に踊る。
    早稲田大学在学時に演劇の老舗サークル早大劇研に所属し演劇活動を開始。その後、ミュージカルからアングラまで様々なジャンルの公演に参加。新国立劇場演劇研修所8期生。これまで『アンチゴーヌ』(2015年/演出:栗山民也)、アジア舞台芸術祭共同制作ワークショップ(2015年)、『PORTAL』(2016年/演出:松本雄吉)などに出演。2015年ミス・ユニバース栃木ファイナリスト。

    facebook

  • 滝本 圭(たきもと・けい)

    滝本たきもと けい

    1993年生まれ、茨城県出身。茨城大学卒業。
    高校生の頃に演劇部に入部し、演劇活動を始める。茨城大学に進学後は演劇研究会に所属し、役者として活動する傍ら演出にも挑戦。
    在学中から、外部団体の公演にも積極的に出演。水戸芸術館プロデュース公演には、これまで『十二夜』(2015年)、『カレーパンでやっつけよう』(2015年)に出演している。
    大学卒業を機に2016年春より東京に拠点を移して活動中。

    Twitter

  • 橘 輝(たちばな・てかり)[劇団鹿殺し]

    たちばな  てかり [劇団鹿殺し]

    茨城県水戸市出身。
    2007年、劇団鹿殺しに入団。第16回公演『殺ROCK ME!』以降すべての作品に出演。ライブパフォーマンスユニット「劇団鹿殺しRJP」のメンバーとしても活動しており、ライブハウスや野外フェス等に多数出演。映画「モテキ」(2011年、大根仁監督)、「SRサイタマノラッパー」(2012年入江悠監督作品)、ドラマスペシャル「永遠のゼロ」(2015年)などの映像作品、2014年NHKラジオ『劇ラヂ!ライブ2014~親愛ならざる人へ~』などに出演。好きな食べ物は生野菜。

    劇団鹿殺し公式プロフィールTwitter

  • 橋本昭博(はしもと・あきひろ)

    橋本はしもと昭博あきひろ

    1985年生まれ、茨城県出身。桐朋学園芸術短期大学卒業。
    2011年、演劇プロデュースユニットMoratorium Pantsを旗揚げ。全作品のプロデュース・演出を手がける。カフェや洋服屋で公演を行うなど、演劇の新しい可能性を模索している。
    扉座『リボンの騎士~鷲尾高校演劇部奮闘記~』(2011年、横内謙介作・演出)、音楽劇『クリスマスキャロル』(2011年、菊地准演出)、てがみ座『汽水域』(2014年、扇田拓也演出)など外部公演への出演も多数。

    モラトリアムパンツ(主宰劇団)ブログTwitter

  • 疋田誉人(ひきた・たかひと)

    疋田ひきた誉人たかひと

    1990年生まれ、水戸市出身。
    大学卒業後、声優を志し勝田声優学院に入学し演技を学ぶ。同校にて『チロルの秋』アマノ役、『可児くんの面会日』泊役を演じる。卒業公演では『また逢おうと竜馬はいった』坂本竜馬役/棟方役の1人2役で出演し好評を博す。卒業後、日本ナレーション演技研究所を経て現在に至る。
    善人から悪人まで、二枚目より三枚目な役が得意。特技は合気道。

  • 別府理彩(べっぷ・りさ)

    別府べっぷ理彩りさ

    1988年生、茨城県生まれ。
    小学1年生まで水戸で過ごす。中学校時代から合唱部に所属し、全国大会に出場した経歴を持つ。大学時代にはSTEPS Musical Companyに所属し、役者、歌唱指導などとして活動。現在はstudioCambriaにて己を磨きながら、役者として活動中。合唱とミュージカルの経験で磨いた歌声が特長。これまで、舞台『Cambria Labo vol.1』(2015年)、アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』(2014年)などに出演。

    Twitter

  • 浅野望(あさの・のぞみ)

    るか[水戸ご当地アイドル(仮)]

    1995年生まれ。
    地域応援ユニット、水戸ご当地アイドル(仮)のメンバー。水戸の街なかを元気にしていくことを目標に、県内外で精力的に活動し人気を博している。幼少の頃からレッスンを受けているダンスが特技。
    好きなものは星、水族館、氷。趣味は星のグッズ集め。
    本作で念願の舞台デビューを飾る。

    水戸ご当地アイドル(仮)

[子役]ダブルキャスト

  • 大澤彩夢(おおさわ・あむ)

    大澤おおさわ彩夢あむ 

  • 荻沼栄音(おぎぬま・えのん)

    荻沼おぎぬま栄音えのん 

  • 大内真智(おおうち・まとも)[水戸芸術館専属劇団ACM]

    大内おおうち真智まとも[水戸芸術館専属劇団ACM]

    1978年アメリカ合衆国生まれ、水戸市育ち。
    2003年よりACM劇場企画公演に参加し、2009年に劇団ACM入団。以降、『十二人の怒れる男』(‘10)、『息子たち』('14)『十二夜』(’15)など多くの公演に出演。昨年のACM劇場ファミリーシアター『ルドルフとイッパイアッテナ』では主演のルドルフ役を務め、多くの子どもたちを魅了した。その他の出演作として、趣向「THE GAME OF POLYAMORY LIFE」('15)など。 また、11年の震災を機に読み聞かせユニット「ゆうくんとマットさん」を結成、ACM劇場でオリジナル公演を展開するほか、「おはなしキャリーボックス」と名付けた幼稚園などでの読み聞かせを行っている。「形に捕らわれない演劇の楽しさ、素晴らしさを伝えたい」と、自身のソロユニット[aua boobooz]でも活動している。

    劇団ACMブログ

  • 川崎賢一(かわさき・けんいち)

    川崎かわさき賢一けんいち

    1971年生まれ、茨城県出身。
    21歳の時に単身渡米し、ニューヨークの演劇学校で学ぶ。
    帰国後は舞台や映像で活動を続けている。
    近年の主な出演作に<舞台>劇団江戸間十畳『ぬけがら』('12)ほか
    <映画>『クローズEXPLODE』『カイジ2』『武蔵野線の姉妹』『モンスターズ・クラブ』
    <TV>『不毛地帯』『ストロベリーナイト』『トッカン』『絶対零度』など
    <ACM劇場企画>『新・幕末純情伝』('11)プレイ×プレイ・プロジェクト「俳優の演じる古典落語」('13)『息子たち』('14)『赤シャツ』('15)など

  • 小林祐介(こばやし・ゆうすけ)[水戸芸術館専属劇団ACM]

    小林こばやし祐介ゆうすけ[水戸芸術館専属劇団ACM]

    1980年生まれ、栃木県出身。
    茨城大学卒業後、2004年に劇団ACM入団。以降、多くのACM劇場企画公演作品に出演。中でも『遺産と誤算の狂騒曲』(’13)では主演を務め、『十二夜』(’15)で女性役のマライア、『赤シャツ』(’15)では野だいこ役、『ルドルフとイッパイアッテナ』(’15)イッパイアッテナ役を好演した。11年の震災を機に読み聞かせユニット「ゆうくんとマットさん」を結成、ACM劇場でオリジナル公演を展開するほか、「おはなしキャリーボックス」と名付けた幼稚園などでの読み聞かせを行っている。また、FMぱるるんにてラジオパーソナリティとして月曜夕方の3時間枠の番組を担当し、好評を得ている。近年ではアクアワールド茨城県大洗水族館のショートレーナの演技指導なども担当。

    劇団ACMブログTwitter

  • 澤田考司(さわだ・たかし)[水戸芸術館専属劇団ACM]

    澤田さわだ考司たかし[水戸芸術館専属劇団ACM]

    1981年生まれ、福井県出身。
    茨城大学卒業後、2004年に劇団ACM入団。以降、多くのACM劇場企画公演作品に出演。中でも『十二夜』(’15)では女性役のオリヴィアを好演し、鮮烈な印象を残す。ほか、主な出演作として『新・幕末純情伝』(土方歳三役/'11)、『絢欄とか爛漫とか』(主演、古賀役/’13)『遺産と誤算の狂騒曲』(’13)『大どろぼうホッツェンプロッツ』(’13)『赤シャツ』(うらなり役/’15)、『ルドルフとイッパイアッテナ』(ブッチー役/’15)など。また、演劇の楽しさを広く知ってもらうためのワークショップ開催、図書館での朗読会、幼稚園公演などにも力を注ぎ、子どもたちに笑顔を届けている。

    劇団ACMブログ

  • 塩谷亮(しおたに・りょう)[水戸芸術館専属劇団ACM]

    塩谷しおたに りょう[水戸芸術館専属劇団ACM]

    1967年生まれ、北海道出身。
    茨城キリスト教大学文学部在学中より演劇活動を行う。92年より劇団ACMに在籍し、多くのACM劇場主催企画公演作品に出演。近年の出演作として『キャッシュ・オン・デリバリー』(’12)主演、『十二夜』(’15),『赤シャツ』(’15)など。また、自ら構成・出演した『太宰治の世界』『賢治のトランク』では名作文学の朗読に挑み、好評を博した。さらに、定期的に開催されるACM劇場主催のワークショップで講師を務める他、県内の図書館や読み聞かせグループとのコラボレーションなど、演劇表現の可能性を求めて活動している。茨城キリスト教大学兼任講師。

    劇団ACMTwitter

[ローカルキャスト]

  • 新井優希
  • 石戸瑞季
  • 磯崎彩佳
  • 海野千秋
  • 大津小夏
  • 岡﨑敦雄
  • 希ガス
  • 坂本麻衣
  • 須藤 栞
  • 楯 佳織
  • 田中久美子
  • 津久井瑠音
  • 戸室 曻
  • 林 健太郎
  • 深田祐来
  • 村中咲月

Musician

[ 演奏 ] 扇谷研人(ピアノ)/ notch(パーカッション)

Staff

[ 演出 ]深作健太

[ 脚本 ]高橋知伽江

[ 作曲・音楽監督 ]扇谷研人

[スタッフ]

美術 : 伊藤雅子
照明 : 倉本泰史
音響 : 長野朋美
衣裳 : 西原梨恵
ヘアメイク : 中原雅子
ステージング・歌唱指導 : 高城信江
ステージング助手 : 大内真智
稽古ピアノ : 伊藤祥子
演出助手 : 須藤黄英
舞台監督 : 目原 瞬
演出部 : 下重卓哉、遠島立夫

宣伝美術 : 株式会社ふじ工房、富士オフセット印刷株式会社
企画制作 : 水戸芸術館ACM劇場

企画協力 : 新潮社
特別協力 : 茨城新聞社(創刊125周年記念事業)
広報協力 : FMぱるるん / 茨城交通 / 月刊みと
協  力 : 茨城県立水戸第一高等学校 / 知道会
後  援 : 水戸市 / 水戸市教育委員会 / 茨城県 / 茨城県教育委員会 / 茨城放送
主  催 : 公益財団法人水戸市芸術振興財団

平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業 文化庁劇場

公演情報

2016

917日(土)~25日(日)

水戸芸術館ACM劇場

Schedule [ダブルキャスト出演予定] =大澤彩夢 =荻沼栄音

スケジュール

※前売好評につき、 追加公演9/18(日)18:30開演が決定いたしました。
※9/20、23は、団体予約による貸切につき、チケットの販売はございません。
※チケット完売の公演日もございます。完売情報は随時公式Twitter、Facebookにてお知らせいたします。
※当日券がある場合は、公演当日の朝9時30分より029-225-3555にて受付いたします。(10時を過ぎても残席がある場合はエントランスホール内チケットカウンターでも販売いたします)

Map

MAP
  • JRご利用の場合 : 上野駅(品川、東京発もあり)から常磐線特急で65分から85分、水戸駅下車。水戸駅北口バスターミナル4-7番のりばから泉町1丁目下車。徒歩2分。
  • 高速バスご利用の場合 : 東京駅八重洲南口バスターミナルのりばから常磐高速バス(赤塚または茨大ルート)水戸行きで約100分、泉町1丁目下車。徒歩2分。
  • お車ご利用の場合 : 常磐自動車道水戸インターから国道50号線を水戸市街地方面へ約20分。水戸芸術館地下の市営五軒町駐車場をご利用ください。駐車場入り口は芸術館北側左端です。(料金:30分まで無料、1時間まで200円。以下30分ごとに100円/営業時間7:00~23:00)

Ticket

料金(全席指定・税込)

S席 5,000円 / A席 4,000円 / B席 3,500円
U-25 2,500円※25歳以下対象、要年齢確認、A席・B席対象

発売日:一般発売 6月4日(土)9:30より

財団運営維持会員先行予約 5月31日(火)9:30より
※電話のみ

友の会(一般・法人)会員先行予約 6月1日(水)9:30より
※電話・ウェブのみ、要事前登録

【チケット取扱い】

水戸芸術館(9時30分~18時/月曜休館)

窓 口 ◎エントランスホール内チケットカウンター
電 話 ◎チケット予約センター ☎029-225-3555
WEB ◎ウェブ予約
http://arttowermito.or.jp/tickets/ticket.html

チケットぴあ

※チケットぴあの予定販売枚数は終了いたしました。

電話予約 ☎0570-02-9999(Pコード:451-594)
ウェブ予約 http://t.pia.jp/

※未就学児入場不可
※先行予約により一般発売の前に完売になる場合がございます。
※車椅子でご来場の場合は、ご予約の際にお知らせください。
※開演時間を過ぎてご来場の場合、指定のお席にご案内できないことがございます。

【お問い合わせ】

水戸芸術館ACM劇場 ☎029-227-8123(10時~18時 / 月曜休館)

〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8 http://arttowermito.or.jp/

pagetop